ベーキング材料市場、2022年~2028年までCAGR5.2%で成長予測

ベーキング材料市場は、2022年から2028年までCAGR5.2%で成長すると予測されています。市場は2028年に222億7,810万米ドル規模に到達する見込みです。

ベーキング材料には、小麦粉およびプレミックス、甘味料、活性剤、イースト、油脂、乳化剤、ショートニング、酵素、香料、着色料、包材が含まれます。これらの原材料は、ベーカリー製品の品質において特定の役割を担っています。例えば、イーストは焼成食品にボリュームを与え、製品を柔らかく、軽く、ふわふわにします。ショートニングや油脂は、生地の食感や強度をします。フレーバーや着色料は、ベーカリー製品の味や見た目の美しさを向上させます。特にケーキやクッキー、甘い焼き菓子などのベーカリー製品の需要が、嗜好性の高まりによって高まっていることが、ベーキング材料市場の成長要因です。

中東・アフリカのベーカリー素材市場は、予測期間中に最も速いCAGRで成長すると予測されます。同地域は、急速な経済発展と可処分所得の増加により、社会経済状況の変化がありました。さらに、急速な都市化、現代的なライフスタイル、消費能力の向上により、人々の全体的な買い物習慣や食品消費パターンが変化しています。特に若年層における西洋文化の影響力の高まりは、消費習慣を変化させています。外出先で消費される簡便な食品への嗜好が高まっており、手頃な価格と消費のしやすさが需要増の要因です。これらの要因はベーカリー産業の成長に寄与し、それによって中東・アフリカ地域のベーカリー材料市場の成長を後押ししています。

市場インサイト

機能性素材に対する需要の高まりは、ベーカリー素材市場のメーカーに有利な機会を提供

消費者は、摂取する食品に健康上のメリットを積極的に求めています。COVID-19の発生で、消費者はより健康志向になり、機能的な利点を提供する製品を好むようになりました。その結果、ベーカリー製品の栄養価に注目する傾向があり、繊維、プロバイオティクス、植物性タンパク質、低糖質など、より健康的な成分を含む製品に関心が集まっています。多くの消費者は、体重管理や消化器系の健康維持のために食物繊維の摂取量を増やしています。したがって、ベーカリー製品のメーカーは、消化ビスケット、高繊維クッキー、全粒粉パンなどの高繊維ベーカリー製品の需要に対応するため、全粒粉などの繊維が豊富な原料を使用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]