人体識別の市場、2022年~2028年までCAGR11.4%で成長予測

人体識別市場は、2022年から2028年までCAGR11.4%で成長すると予測されています。市場は2028年に39億2,400万米ドル規模に到達する見込みです。

人体識別は、ドナー血液からマクロ凝集体や白血球を除去することで、輸血やそれに伴う合併症を予防するために使用されます。

人体識別市場の上昇は、科学捜査プログラムに対する政府の取り組みや、DNA表現型、イムノクロマトグラフィー、ジオロケーション、その他の高度な科学捜査技術をサポートする新しいサンプリング方法と携帯機器に起因しています。しかし、ゲノム研究に使用される機器に関連する高コストが、人体識別市場の成長の阻害要因として作用しています。

市場インサイト

発展途上地域の未開発の潜在力が人体識別市場の成長を後押し

政府からの支援の拡大、官民パートナーシップの増加、資金調達計画の増加が、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカなどの地域の医療機器産業を後押ししています。また、これらの地域の国々は増え続ける人口と老齢人口のために、業界の成長にとって有利な機会を提供しています。経済協力開発機構(OECD)によると、2019年には、中国がヘルスケアの研究開発への支出額でトップとなりました。ヘルスケア分野の開発に対するこのような多額の投資は、この分野における先進技術の取り込みを支えています。

政府の取り組みにより、DNA検査が増加しています。例えば、2019年、中国はアメリカの専門知識の助けを借りて、DNAを使って国民を追跡しています。巨大な監視・管理システムを開発するにあたり、中国当局はマサチューセッツ州の企業とエール大学の著名な研究者に目をつけました。中国は今、国民のDNAに浸透しています。多くの人々は、プライバシー論争を再燃させた中国の遺伝子プロファイル・データベースの増大を懸念しています。中国政府のゲノム・データベースは、1億4,000万人以上のプロファイルを持つと推定され、世界最大のDNAデータベースです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]