乳製品代替品市場、2022年~2028年までCAGR10.6%で成長予測

乳製品代替品の市場は2022年~2028年までCAGR10.6%で成長する予測です。市場は2028年に516億5,858万米ドル規模に到達する見込みです。

乳製品代替品は、大豆、ココナッツ、アーモンド、エンドウ豆、カシューナッツなどの植物を原料として作られています。これらの植物性ミルクは、乳製品の質感や風味に似ており、従来の乳製品のミルクよりもカロリーや脂肪分、糖分が低くなっています。チーズ、バター、アイスクリーム、ヨーグルトなどの製品は、植物性ミルクを使用して作ることが可能です。ビーガン人口の増加は、特にヨーロッパ諸国とアジア太平洋諸国における乳製品代替品市場の成長を牽引しています。

2020年には、アジア太平洋地域が世界の乳製品代替品市場で最大のシェアを占め、中東・アフリカ地域は予測期間中に最も速いCAGRを記録すると推定されます。健康志向の消費者の急増と菜食主義のトレンドの高まりは、この地域における乳製品代替品の需要に貢献する要因です。乳製品代替品は低脂肪、低カロリー、低コレステロールを含んでおり、健康志向の消費者やビーガン、乳糖不耐症の消費者にアピールすることができます。

Lancet Gastroenterol Hepatolのレポートによると、乳糖不耐症はアジアの大部分で広く見られ、パキスタンの58%から韓国の100%に及んでいます。乳糖不耐症の人は、乳製品の摂取を避け、植物由来の乳製品に切り替えることが推奨されています。この要因は、アジア太平洋地域における乳製品代替品市場の成長を大きく促進しています。

乳製品代替品市場に有利な機会をもたらす製品革新

乳製品代替品メーカーは、多くの消費者にアピールするため、製品のイノベーションに多大な投資を行っています。製品イノベーション戦略は、市場で活動するプレーヤーに競争力を与え、収益性を高めます。乳製品代替品のメーカーは、新たな顧客要件に対応するため、認定オーガニック、非遺伝子組み換え、グルテンフリー、クリーンラベル、アレルゲンフリー製品を提供しています。さらに、消費者の健康志向の高まりから、低カロリーや低脂肪の製品が好まれる傾向です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]