音声バイオメトリクスの市場、2022年~2028年までCAGR20.6%で成長予測

音声バイオメトリクス市場は、2022年から2028年までCAGR20.6%で成長すると予測されています。市場は2028年に48億2,385万米ドル規模に到達する見込みです。

人工知能(AI)、機械学習(ML)、クラウドコンピューティング、データ分析などの最新技術の台頭や、医療・金融データの保存に対する強い需要が、音声バイオメトリクス市場の成長を後押ししています。銀行、金融サービス、保険(BFSI)、政府・公共機関、IT・通信などのエンドユーザー産業は、世界的な都市化とデジタル化の進展により成長を遂げています。

音声バイオメトリクスでは、人の声の高さ、話し方、声、トーンなどを分析し、音声認識に利用されます。セキュリティの面では、パスワードが容易に追跡・ハッキングされるのに対し、人の声は指紋のように異なり、ユニークであるため、パスワードよりも優れています。音声は、テキスト依存型とテキスト非依存型の2つの方法で識別することができます。音声バイオメトリクス市場の成長を促す主な要因の1つは、エンターテインメント業界、クラウドコンピューティング、ソーシャルネットワーキング、ビルディングセキュリティなどの業界で受け入れられつつあることです。

ヘルスケア産業における音声バイオメトリクスの採用拡大

医療機関は、音声生体認証によって医療スタッフと患者の安全を確保することができます。指紋や顔認証とは異なり、音声による生体認証は、タブレット、PC、X線装置などの医療機器など、マイクを備えたあらゆるデバイスで使用できます。利用者は音声で本人であることを証明するだけで、記録などにアクセスすることができます。

また、オンラインパスワードリセットサービスに活用することで、迅速かつ安全なパスワードリセットを実現し、医療従事者や患者の時間短縮に貢献します。また、コールセンターで消費者と接触する際の患者の識別や確認にも有効です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]