スポーツ医療用機器市場、2022年~2028年までCAGR7.6%で成長予測

スポーツ医療用機器市場は、2022年から2028年までCAGR7.6%で成長すると予測されています。市場は2028年に94億5,272万米ドル規模に到達する見込みです。

スポーツ医学は、運動能力を高め、体力を向上させるヘルスケアの一分野です。スポーツ医学機器は、怪我からの早期回復を促進し、将来の怪我のリスクを予防します。スポーツや一般的な運動によるケガには、頭部、膝、足首のケガ、筋肉のけいれん、捻挫や肉離れ、靭帯の断裂などがあります。これらのデバイスは、外科的に埋め込むことも、外付けすることも、関節鏡のような低侵襲の処置に使用することも可能です。

パフォーマンスモニタリング装置や、包帯、バンド、スリングなどの様々な付属品も含まれます。整形外科用機器は、スポーツに伴う捻挫や歪み、骨折や靭帯修復、反復運動による損傷、上部および下部腰痛などの筋骨格系の問題を予防および治療するものです。身体の変形や生理的な機能障害を持つアスリートには、身体の一部を補う、修正する、またはサポートする人工関節が使用されます。上肢および下肢の切断者は、スポーツやその他の身体活動に参加するために義肢を使用し、指や腕、肘などの身体の一部を補うことができます。

スポーツ医療機器における技術的進歩の高まり

医療技術は、スポーツに関連する怪我の予測や予防から、トレーニングや競技の後のフィットネスのモニタリングや回復の促進まで、アスリートの日常生活の多くの局面で役割を担っています。人工知能(AI)、自動化、その他多くの技術的躍進が同時期に起こったことで、パフォーマンスの最適化、フィットネスの維持、アスリートのキャリア延長のためのイノベーションの導入が進んでいます。新しいテクノロジーとアプリケーションは、アスリートやそのコーチに、心拍数、代謝、作業負荷、体温などのさらに貴重な生体データを提供する可能性も示しており、これらのデータは、疲労の検出や将来の怪我の可能性を予測するために使用することができます。

3Dプリンターは必要不可欠な技術として台頭してきており、インプラントの3Dプリンターは整形外科に大きな影響を与えることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]