歯科用インプラント市場、2021年~2028年までCAGR7.6%で成長予測

歯科用インプラント市場は、2021年から2028年までCAGR7.6%で成長すると予測されています。市場は2028年に80億7,598万米ドル規模に到達する見込みです。

歯科インプラントは、歯科補綴物を支えるために顎の間に配置される歯科用外科装置です。これらのインプラントやフレームは、外科手術によって歯茎の下の顎骨に設置されます。歯科インプラントとして使用されるデバイスは、プレートフォーム歯科インプラントとルートフォーム歯科インプラントに分類されます。これらのインプラントは、ジルコニウムとチタンで作られています。ブリッジや入れ歯は、移植された人工歯を支え、会話や食事の際に口の中で歯が滑ったりずれたりするのを避けるために使用されます。

歯科インプラント市場は、製品、材料、エンドユーザー、地域によって区分されます。地域別では、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東・アフリカ、中南米に大別されます。

歯科インプラント市場の成長は、対応する年齢に関連する歯科疾患と結合した高齢者人口の増加、およびインプラントを配置する歯科医の数の増加に起因しています。しかし、限られた償還、歯科ブリッジに関連する歯の損失の高いリスクは、市場の成長を制限しています。

市場インサイト

歯の喪失事例の増加が歯科用インプラント市場の成長を促進

歯の喪失は、歯の健康全般の指標の1つです。ナショナル・ヘルス・サービスの調査によると、成人および老年人口における歯の全体的および部分的喪失の有病率は、1970年代初頭以降減少しています。歯科医療サービスのこうした改善にもかかわらず、歯の喪失や不十分な歯科医療に関連する重大な格差が、少数の人口集団に存在します。歯周病、外傷、虫歯、事故などは、歯を失う主な原因の一つです。しかし、歯の喪失の問題は、現在では天然歯とほとんど変わらない新時代の高度な歯科インプラントの助けを借りて解決することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]