自動車用タイヤのアフターサービスの市場、2021年~2028年にCAGR6.0%で成長予測

自動車用タイヤのアフターサービスの市場、2021年~2028年までCAGR6.0%で成長すると予測されています。市場は2028年に1,594億973万米ドル規模に到達する見込みです。

自動車用タイヤアフターマーケットは、トレッドとボディで構成されています。トレッドはトラクションを提供し、ボディは大量の圧縮空気を格納する役割を果たします。ゴムが開発される前、最初の数種類のタイヤは、摩耗や損傷を防ぐために木製の車輪の周りに金属のバンドを取り付けただけでした。初期のゴムタイヤはソリッドタイヤ(空気入りではない)です。

現在、空気入りタイヤは自動車、自転車、オートバイ、バス、トラック、重機、航空機など、多くの乗り物に使われています。しかし、ゴム(または他のポリマー)製の固形タイヤは、キャスター、カート、芝刈り機、手押し車など、自動車以外の用途で使用します。

自動車タイヤアフターマーケット市場のエコシステムにおける主要なステークホルダーは、原材料サプライヤー、自動車タイヤメーカー、エンドユーザーです。これらのステークホルダーはすべて、タイヤタイプ、流通チャネル、リムサイズの3つの主要セグメントからなる市場バリューチェーンの一部となっています。原材料供給者は、自動車用タイヤのアフターマーケットを構築するための材料を供給します。自動車タイヤメーカーは、設計、組立、生産などの様々な工程を経て、原材料を完成品に変えていきます。

市場動向

低燃費タイヤに対する需要の高まり

燃料は、価格が常に変動する商品の一つです。近年は、価格が下がるどころか、上昇の一途をたどっています。消費者は自分の車に低燃費タイヤを装着することで、お金を節約することが可能です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]