都市計画・設計用ソフトウェア市場、2021年~2028年はCAGR6.5%で成長予測

都市計画・設計用ソフトウェア市場は、2021年の29億1,626万米ドルから2028年には45億3,409万米ドルに成長すると予測され、2021年から2028年までの年平均成長率は6.5%と推定されています。

デジタルトランスフォーメーションに伴い、シンプルで導入時間やコストの削減が可能なクラウドベースのプラットフォームの利用が増加しています。先進国ではインターネットインフラが整備され、発展途上国でも盛んであるため、エンドユーザーがクラウドベースのプラットフォームにアクセスできるようになっています。クラウドベースの都市計画・設計ソフトウェアの利点としては、重要なデータの安全なホスティング、セキュリティとスケーラビリティの向上、ファイルの迅速なリカバリーが挙げられます。

バックアップは、プライベートまたは共有のクラウドホストプラットフォームに保存されます。そのため、企業は重要なサーバーデータを迅速に回復することができます。また、安定したインターネット接続があれば、安全なログインによってどこからでも簡単にデータにアクセスすることができます。クラウドベースの都市計画・設計ソフトウェアは、修理やメンテナンスのコストを削減し、顧客満足度を向上させることもできます。これらの利点により、施設管理サービスを統合するためのクラウドベースのソリューションが推進されています。

世界中のいくつかの企業が、クラウドベースの都市計画・設計ソフトウェア・プラットフォームを採用しています。例えば、Spacemaker、Bentley Systems International、Holistic City Limited、UrbanSimは、クラウドベースの都市計画および設計ソフトウェアを提供しています。したがって、そのメリットは、建築家、都市計画家、クリエイティブ部門が都市インフラ開発のためにクラウドベースの技術を採用することを支援します。また、世界的にクラウドベースの都市計画・設計ソフトウェアの需要が高まっていることも裏付けています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]