現金選別機の市場、2021年~2028年はCAGR3.7%で成長予測

現金選別機市場は、2021年の15億3,916万米ドルから2028年には19億8,826万米ドルに拡大すると予測され、2021年から2028年の間に年平均成長率3.7%で成長すると推定されます。

APAC地域における現金選別機の採用の拡大

電子決済が急速に普及しているにもかかわらず、アジアの新興国の消費者は依然として現金に依存しています。少額決済は現金の強敵であり、多くの金融機関は非接触型決済のような新しい技術でこれを打ち破りたいと考えています。ベトナムなどではガソリンや飲料、食料品などの生活必需品や、不動産などの大きな買い物にも多額の現金が必要で、リテール銀行にとっては物流や財務上の問題になっています。

近年、現金取扱いのコスト管理は地域全体のリテール銀行の懸念事項となっています。新興市場の銀行にとって、セキュリティとコストは同様に重要な要因であり、回答者の36%がそれぞれを重大な懸念事項として挙げています。新興市場の消費者は、銀行業務のニーズを管理するために現金を利用し、支店に依存する傾向があります。経営環境の競争激化と複雑化に伴い、新興国の銀行に対するプレッシャーも高まっています。新興国は治安が悪いため、強盗や窃盗、詐欺などの危険性が高いです。このような背景から従業員の労力を軽減し、セキュリティ上の懸念を払拭するために、銀行に現金選別機を導入するニーズが高まっています。

現金選別機市場インサイト

スーパーマーケットの紙幣カウンターでは、手頃な価格の現金選別機を使用して、複数の異なる通貨を迅速に数えています。シームレスな操作と便利なセンサーにより、これらの機械はスーパーマーケットで簡単に使用できます。この機械は、LCD、自動スタート、ストップ、クリアリング、自動半券検知などの機能を備えています。コイン選別機はスーパーマーケットで高い需要があります。コイン選別機やコイン選別機サービスを利用する食料品店やスーパーマーケットが増加していることが、市場の成長を後押ししています。

タイプ別市場インサイト

現金選別機の市場は、タイプ別に紙幣選別機と硬貨選別機に分類されます。2020年の仕分け現金機市場は、紙幣選別機セグメントが支配的でした。紙幣選別機は現金を効率的に仕分け、束ねることで現金管理プロセスを最適化します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]