仮想ITラボソフトウェア市場、2021年~2028年までCAGR11.7%で成長予測

仮想ITラボソフトウェア市場は、2021年から2028年までCAGR11.7%で成長すると予測されています。

市場は2028年に31億7,488万米ドル規模に到達する見込みです。

仮想ITラボソフトウェアは、トレーニング、サポート製品のデモンストレーション、概念実証(POC)作業、サンドボックス化されたアプリケーションの開発で構成されています。このソフトウェアは、セルフサービスによる製品の試用やデモに活用され、ソフトウェア開発者が共同でソフトウェアの設計と構築を行います。これらのラボは、安全で限定された環境で行われながら、実世界の状況を再現するように設計された仮想化リソースと開発環境を提供し、ITインフラと運用のリスクを軽減しています。

企業はこれらのツールを使って、新しい開発手法に関する社員の教育や、新しいツールやプロジェクトの使い方をトレーニングします。学生は、仮想ITラボで製品と対話し、新しいソフトウェアや技術のスキルを学び、自分の知識を披露することができます。潜在的な顧客に製品やサービスを利用してもらうために個人的に招待し、会議やイベントなどの集団的な状況でラボを活用します。

様々な企業が、製品の発売、製品の承認、特許、イベントなどの有機的な成長戦略に注力しています。市場で目撃された無機的な成長戦略の活動は、買収、パートナーシップ、およびコラボレーションです。これらの活動は、市場参加者のビジネスと顧客基盤の拡大のための道を開いています。これらの企業は、世界の仮想ITラボソフトウェア市場で有利な成長機会を得ることが予想されます。

仮想ITラボソフトウェア市場の洞察

高度なツール/プロジェクトに関する従業員教育のための仮想ITラボソフトウェア使用の利点

企業は、新しい開発手法に関する従業員の教育や、高度で最新のツール/プロジェクトに関するトレーニングを行うために、仮想ITラボソフトウェアを使用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]