バイオ炭市場、2021年~2028年はCAGR11.1%で成長予測

バイオ炭市場は、2028年の3億6,885万米ドルから2021年には1億7,760万米ドルに達すると予測されます。2021年から2028年までのCAGRは11.1%で成長すると予想されています。

バイオ炭の需要は、農業&飼料産業で急速に伸びています。これに加えて、ガス排出量の削減や作物の生産性向上といったバイオ炭の先進的なメリットが市場成長の原動力となっています。しかし、農業従事者がバイオ炭を好まないことが、市場の成長を制限しています。原料の輸送コストが高く、汚染の可能性があることも、市場成長の妨げになる可能性があります。有機食品への需要の増加、水処理におけるバイオ炭の使用の増加、建設産業での応用はさらに市場成長を推進します。環境の持続可能性を確保するために、エネルギー生産にバイオ炭を採用することが産業で優勢な傾向になっています。

2021年にはアジア太平洋地域が最大のシェアを占め、予測期間中に大きなCAGRを記録すると予想されています。バイオ炭市場で事業を展開する主要企業は、潜在的な顧客基盤、有利な法律、急速に発展する小売背景を理由に、中東・アフリカ全域での事業拡大に注力しています。

市場インサイト

バイオ炭は農作物の生産性を向上

バイオ炭は、炭化物であり鉱業廃棄物の毒素を安定化させ、緑化を促進するのに役立ちます。ガス排出を減らし、農作物の生産性を向上させることができます。バイオチャージは土壌改良、環境汚染の低減、温室効果ガス排出の抑制に役立ちます。政府機関は、エネルギーシステムをより持続可能で安全、かつ競争力のあるものにすることを目指しています。そのため、バイオ炭の生産能力は世界中で高まっています。

バイオ炭は土壌の回復力を高め、農作物の生産量を増加させる効果があります。有機食品産業はここ10年以上ブームになりつつあります。有機食品の利点と食品生産における人工化学物質の副作用に関する人々の意識の高まりが、有機食品の成長をさらに後押ししています。有機食品と無機食品の価格差も、有機食品がもたらす健康上の利点と比較すれば、取るに足らないものです。有機食品は、農薬や化学肥料を不必要に摂取することを防ぐことも出来ます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]