自己血輸血装置の市場、2021年~2028年はCAGR4.2%で成長予測

自己血輸血装置の市場規模は、2021年に10億26万米ドルとなり、2021年~2028年に4.2%のCAGRで成長し、2028年までに13億3,199万米ドルとなると予想されています。

臓器移植は、臓器不全の際に行われる外科的処置です。通常、臓器移植は心臓、肝臓、腎臓などの臓器に対して行われますが、慢性疾患の増加に伴い、肺、膵臓、角膜、血管組織など他の臓器への移植が必要とされています。これらの手術は一般的に数時間かかり、多くの血液が失われますが、自己輸血は血液損失を防ぐ貴重な方法の一つです。

United Network for Organ Sharing(UNOS)によると、米国で実施されている臓器移植は継続的に増加しており、2021年には41,000件を超える移植が実施されています。同様に、世界移植登録のデータによると、スペインは2019年にEUにおける全臓器提供の20%を占め、全世界の提供の6%を占めました。オーストラリアの臓器提供率は近年改善され、2019年には人口100万人あたり21.8人にまで上昇しました。

同様にカナダは人口100万人あたり22.2人で着実に改善していますが、これは臓器提供を担当する集中治療医である「ドネーション・フィジシャン」の存在が一因となっています。世界移植登録によると、中国は2019年のドナー数が5,818人で、人口100万人あたり4.1人、インドは2019年のドナー数が715人で、人口100万人あたり0.5人となっています。一方、ロシアは人口100万人あたり5.1人のドナーと、やや高い割合となっています。臓器移植の向上には、移植コーディネーターと連携した官民連携が大きく貢献しています。

発展途上国、先進国ともに臓器移植手術は増加しています。インドやシンガポールなどの発展途上国は、アジア太平洋地域のメディカルツーリズムの目的地として台頭してきています。各国はより良い先進的な医療を提供するという点で進歩しているのです。臓器移植のニーズが高まっていることが、自己輸血装置などの移植用診断薬の需要を高める主な要因の一つとなっています。

自己血輸血は、患者の血液を再輸血するプロセスです。血液は腹膜腔または胸郭領域から採取されます。このプロセスは、自動輸血システムを使用して手術前、手術中、手術後に実施することができます。人工関節置換術、脊椎手術、心臓などの医療処置には自己輸血が必要です。自動輸血は、感染症のリスクを減らすだけでなく、ドナー血液の保管や投与に伴う問題や合併症を解消することができます

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]