コラーゲン市場、2021年~2028年はCAGR8.3%で成長予測

コラーゲンの市場規模は、2021年に41億2,019万米ドルとなり、2021年~2028年に8.3%のCAGRで成長し、2028年までに72億503万米ドルとなると予想されています。

コラーゲンは、ヒトやウシ、ブタ、家禽、海洋などの動物の骨、皮膚、組織などに含まれる構造タンパク質です。商業的には、コラーゲンは動物の副産物から抽出されます。しかし、メーカー各社は、植物由来やヴィーガン対応のコラーゲンも開発しています。コラーゲンは、肌の弾力性を高め、治癒を促進します。しっかりした毛根、熱や汚染によるダメージを防ぐ効果もあります。このような利点から、コラーゲンはスキンケアやヘアケア製品に広く採用されています。パーソナルケア業界からのコラーゲンに対する需要の高まりは、コラーゲン市場の成長を促進しています。

2020年の世界のコラーゲン市場では、ヨーロッパが最大のシェアを占めており、アジア太平洋地域は予測期間中に大きく成長すると予想されています。ヨーロッパは、パーソナルケアおよび美容製品の最大市場の1つです。この地域の人々はスキンケアに重きを置いており、肌を改善する製品を好んでいます。コラーゲン美容サプリメントは、皮膚の強度と弾力性を高めると考えられています。スキンケア製品に使用されるコラーゲンは、乾燥肌やダメージ肌の見た目を改善し、肌を柔らかく、しなやかに、シワのない状態にします。このようにこの地域におけるパーソナルケア産業の成長と、皮膚に機能的なメリットをもたらす製品への需要の高まりが、ヨーロッパ全域での市場成長を促す主な要因となっています。

市場インサイト

パーソナルケア製品およびニュートリコスメティックにおけるコラーゲンの需要急増

近年、美容に関する消費者の認識は劇的に変化しています。消費者は美を重視するようになっています。肌と健康的な食事が直結していることを受け、肌を輝かせる健康的な方法を選ぶ傾向が強まっています。コラーゲンは、スキンケア、ネイルケア、ヘアケアのための栄養補助食品として、栄養化粧品に広く使用されています。コラーゲンは、皮膚の健康を増進し、老化のプロセスを遅らせるのに役立ちます。過去数年間、内面の美しさを重視する傾向が顕著になり、栄養化粧品の需要が急速に高まっています。この要因は、今後数年間にわたりコラーゲン市場に十分な成長機会を提供することが期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]