肝臓がん診断の市場、2021年~2028年までCAGR8.0%で成長予測

肝臓がん診断市場は、2021年から2028年までCAGR8.0%で成長すると予測されています。市場は2028年に159億5,177万米ドル規模に到達する見込みです。

肝臓がんは、肝臓の細胞から始まります。肝臓には複数の種類のがんが形成される可能性があります。肝細胞がんは最も一般的ながんです。米国臨床腫瘍学会(ASCO)によると、成人の原発性肝がんの約80%が肝細胞がんであるとされています。その他の肝がんには、肝芽腫や肝内胆管がんがあります。これらは、あまり一般的ではないと考えられています。肝臓がん診断学は、肝臓がんの同定と確認に使用される技術で構成されています。

市場インサイト

新規診断テスト開発への研究開発投資の増加

肝がんの進行を正確に診断する能力は、適切な治療法を選択するために非常に重要です。さらに、企業や組織が、需要の高まりに対応して、この疾患の早期発見のための革新的なソリューションを開発し、実施するために膨大なイニシアチブをとっています。

2020年3月、Roche Holding AGのElecsys GALADスコアは、進行型肝がんの早期発見のための米国食品医薬品局による画期的デバイスの地位を獲得しました。スイスの医薬品メーカーが開発したこの計算機は、年齢、性別、バイオマーカーの結果などの要素を組み合わせて、肝臓がんの中でも最も多い早期の肝細胞がんを検出するものです。

Elecsys GALAD scoreは、肝細胞がんのタイムリーで正確な診断を提供することで、臨床医をサポートするように設計されています。研究開発費は、F.ホフマン・ラ・ロシュ社において、コアベースで14%増加し、主にがん、眼科、個別化医療への後期投資によって牽引されました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]