油田サービス市場、2021年~2028年はCAGR6.1%で成長予測

油田サービスの市場規模は、2021年に964億6,586万米ドルとなり、2021年~2028年に6.1%のCAGRで成長し、2028年までに1,459億6,308万米ドルとなると予想されています。

油田サービスは、油井のライフサイクルを通じて、探査、掘削、刺激、完成、介入、生産など油田関連作業から構成されています。油田サービスは、地下圧力の制御、ボアホール浸食の低減、地層損傷の最小化、掘削パラメータの最適化、浸透率および穴の洗浄の分析においてオペレーターを支援します。油田機器の技術的進歩により、資源の抽出と管理の効率が向上しています。さらに、著名な企業は、石油やガスの需要増に対応するため、技術に基づくサービスに目を向けています。技術的に強化された油田サービスの利用が増加しているその他の要因としては、精度や正確さの向上、時間や労働コストの削減が挙げられます。したがって、油田サービス市場は、石油・ガス生産とシェールガス採掘の世界的な拡大に伴い、今後数年間で急速に発展すると予測されています。

エネルギー需要の増加や石油・ガス産業における有利な投資見通しにより、生産・探査活動が増加しています。例えば、2019年7月、i3 Energy PLCはBaker Hughes GEに、北海のLiberatorとSerenityの資産で掘削する油田サービス契約を締結しました。さらに、2035年には非在来型陸上石油の生産量はおよそ22Mbpdに倍増し、世界の原油生産の30%近くを占めると言われています。その結果、石油・ガス産業における生産・開発事業の拡大が、今後の油田サービス市場の成長を牽引すると予測されています。

油田サービス市場は、用途によって陸上と海洋に二分されます。サービスタイプ別に見ると、坑井仕上げ、ワイヤーライン、人工リフト、パーフォレーション、掘削・仕上げ用流体、その他に区分されます。地域別では、北米、欧州、アジア太平洋地域、中東・アフリカ、南米に区分されます。

市場インサイト – 油田サービス市場

石油・ガス生産と探査(E&P)活動の高まり

油田サービス市場は、世界的なエネルギー需要の高まりによる探鉱・生産活動の活発化によって、押し上げられつつあります。都市化・工業化の進展や技術の急速な向上が、油田サービス市場の成長に大きく寄与しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]