パイプリライニング市場、先進国のインフラ老朽化による下水修復の需要増が成長要因

先進国のインフラ老朽化による下水修復の需要増がパイプリライニング市場を促進

先進国は、水インフラの老朽化という大きな課題に直面しています。さまざまな都市で継続的な成長と都市化が進み、パイプラインシステムの修復ニーズが急増しています。ヨーロッパの都市は、世界でも最も古い都市です。そのため、インフラの老朽化、届かない水道水、パイプラインの小型化などの懸念が高まっています。

地下水脈、下水道整備、浄水供給は、欧州のインフラの中で最も財政的に放置されている重要な分野です。都市や自治体は大きなリスクにさらされており、早急かつ費用対効果の高い解決策を見出す必要があります。EU加盟国の大半で水インフラが老朽化しているため、欧州委員会は水インフラに投資する必要性に迫られています。さらに、Infrastructure Australiaのレポートによると、同国の上下水道費は2040年までに倍増する可能性があるとのことです。

同国のインフラの老朽化により、老朽化した配管のメンテナンスのための追加支出が発生しています。同報告書では、オーストラリアでは今後20年間に上下水道を供給する物件が約300万件増加する可能性があると推定しています。

また、2020年5月には、米国オハイオ州の都市アッパーアーリントンが、未処理下水のパイプラインを修理する100万米ドルのプロジェクトをパフォーマンス・パイプライニング社に発注しました。プロジェクトの大部分は、市内全域の既存の公共および民間の衛生的な下水道にライニングを設置するものでした。また、2020年8月、インドのチェンナイ市政府は、チェンナイの水路の修復プロジェクトを承認しました。このプロジェクトの第1期分として、政府は〜1億3,600万米ドルを認可しました。このように、先進国からの下水道復旧の需要の高まりが、市場の成長を後押ししています。

先進国ではインフラの老朽化が進んでいるため、各国がトレンチレス技術に投資しています。パイプリライニングは、手頃な価格で安全、かつコスト効率の高い方法であり、作業を完了する一方で公衆の迷惑を減らすことができます。そのため、パイプラインの修復に有効な選択肢となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]