スマートピル市場、2021年~2028年はCAGR12.3%で成長予測

スマートピルの市場規模は、2021年の40億1,930万米ドルから2028年には90億6,129万米ドルに達すると予測され、2021年から2028年の間に年平均成長率12.3%で成長すると推測されます。

スマートピルは、センサー、カメラ、パッチ、トラッカーなどの要素で構成されるカプセルサイズの摂取可能な医療機器で、より良い診断、患者モニタリング、標的薬物送達に役立ちます。主にビタミンカプセルサイズの錠剤で、小型のウェアラブルセンサーパッチ、モバイルデバイス上のアプリケーション、プロバイダーポータルなどを備えています。市場の成長は、スマートピルの技術的進歩や低侵襲外科手術の需要の高まりに起因しています。しかし、コストが高いことが成長を阻害しています。

市場インサイト

低侵襲手術の需要増とスマートピルに関する技術の進歩が市場を牽引

高齢者層は胃腸障害に非常に弱いです。現在、さまざまなスマートピルが、治療やいくつかの急性および慢性疾患の診断に応用される可能性があると分析されています。標的部位に指定された量の薬剤を投与する必要がある慢性疾患患者は、高度な薬物送達製品の大きな顧客基盤を形成しています。低侵襲な外科手術に対する需要の高まりから、カプセル内視鏡などの革新的な技術が生まれました。

カプセル内視鏡は、投与の容易さや消化管の詳細な観察などの利点により、従来の内視鏡検査法に取って代わりつつあります。カプセル内視鏡は、ハイブリッドイメージング技術や新しい部品の革新に加えて、これらの疾患の早期診断と適切な治療において重要な役割を果たしています。

テキサス大学健康科学センターのように、カプセル内視鏡のような様々な大腸がんスクリーニング手順の展開は、スクリーニングへのアドヒアランスを向上させます。同大学は、50〜75歳の患者を無作為に抽出して研究を行い、CTコロノグラフィーと比較して、カプセル内視鏡検査がより良い診断結果をもたらすと推論しています。このような知見は、予測期間中にセグメントの成長を促進すると推定されます。さらに、在宅医療サービスの必要性が高い患者は、スマートピルへのアクセスや使用に関する課題に直面しています。その結果、開発者やメーカーはこれらのデバイスのアクセシビリティとユーザビリティを高め、素人でもデータの解釈を容易にすることに成功しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]