バイオプロピレン市場、2028年には8,369万米ドル規模到達見込み

バイオプロピレンの市場規模は、2023年には6,371万米ドル、2028年には8,369万米ドルに達すると予測されており、年平均成長率は5.6%と見込まれています。

バイオプロピレンは、主にポリプロピレンの生産に使用される合成プロピレンの代替品と考えられています。製造企業が持続可能な製造プロセスに重点を置くようになったことで、バイオプロピレンの開発が重視されるようになりました。

欧州は2023年に世界のバイオプロピレン市場を支配し、予測期間中も支配を維持すると予想されます。政府の支援の増加とバイオプロピレンの採用に関するイニシアチブの上昇が、需要増につながっています。欧州連合(EU)は、持続可能なプラスチック経済に貢献するため、バイオベース、生分解性、堆肥化可能なプラスチックの適用を推進しています。

政府の支援強化に加え、欧州のパッケージング産業におけるバイオプラスチックの需要増が、バイオプロピレンの採用拡大につながりました。このように、これらの要因は地域全体の市場にプラスの影響を与えています。アジア太平洋地域は、市場の最速成長地域になると予想されます。

従来のプラスチックが環境や経済全体に及ぼす危険性の高まりに起因する意識の高まりと、資金援助や金融支援といった政府の支援の高まりが、この地域全体の市場の発展に寄与しています。

市場動向

政府支援の増加

バイオベース材料の採用に関連する政府支援の増加により、メーカーはバイオプロピレンなどのバイオベース製品を開発するようになりました。バイオベースプラスチックの採用に対する世界中の様々な政府の取り組みが活発化していることが、市場の成長を後押ししています。EUは、持続可能なプラスチック経済に貢献するため、バイオベース、生分解性、堆肥化可能なプラスチックの適用を推進しています。日本政府はそのイニシアチブを通じて、生分解性バイオプラスチックを使用した製品の開発促進につなげ、プラスチックに代わる紙を製造する企業に補助金を出しています。バイオプロピレンの採用に対する政府の支援の高まりは、市場にプラスの影響を与えるでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]