運用リスク管理ソリューション市場、2021年~2028年はCAGR9.4%で成長予測

運用リスク管理ソリューションの市場規模は、2021年の16億5,640万米ドルから2028年には30億9,800万米ドルに拡大すると予測され年率9.4%で成長すると推定されています。

運営リスク管理ソリューション市場業界は、不十分な内部プロセスやシステムに起因する損失リスクを効果的に管理するための戦略を策定し、実施することを可能にします。

運用リスク管理ソリューションは、ビジネスプロセスにおけるリスクと事故管理の統合、説明責任の遂行によるリスクを意識した企業文化の構築、リスクマネジメントと意思決定の直接連携、目標・目的に対する組織と個人のパフォーマンスの監視を可能にします。

運用リスク管理ソリューションは管理規制に対するコンプライアンスを確保するための複数の方法論とフレームワークのサポート、インタラクティブなダッシュボードとレポートによるリアルタイムの可視化、ユーザーと管理者に対する運用リスク管理タスクに関するタスク、アクション、エスカレーションの警告、役割ベースのセキュリティと監査証跡による業務情報の保護、オンサイトまたはクラウドでのコンプライアンス情報のホスティングなどの機能および利点を備えています。

運用リスク管理ソリューション市場の成長には、あらゆる組織におけるリスクを効果的に管理するのに役立つと考えられます。

フィンテック企業における運用リスク管理の導入の増加や、サイバー攻撃の事例の増加などの要因が、市場の成長に影響を与えています。しかし、運用リスク管理ソリューションに関連する複雑さが、市場の成長を抑制しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]