磁気駆動ポンプ市場、2028年に15億8,437万米ドル規模に成長見込み

磁気駆動ポンプ市場は、2021年の9億3,325万米ドルから2028年には15億8,437万米ドルに成長すると予測され、年平均成長率7.9%で成長すると推測されています。

バイオディーゼルの生産増加により、2021年から2028年の間に磁気駆動ポンプ市場に成長機会がもたらされます。食品・飲料業界は、生肉の加工や蒸留酒・ワインの製造などを行います。米国の食品産業は5,000億米ドル以上と評価されており、原材料から動物と人間の両方が消費する最終製品までの食品加工が含まれます。食品・飲料業界では、設備や製品に関する品質や衛生管理が重視されています。マグネットポンプは、洗剤、除菌剤、洗浄剤など、薬品の送液に役立っています。食品加工装置の継続的な増加は、磁気駆動ポンプ市場の成長を担う重要な要因となっています。

磁気駆動ポンプの動作は、磁気駆動ポンプで削除されているモーターシャフトシールを除いて、標準的な遠心ポンプと似ています。その結果、シャフトシールの不具合によって時々発生する漏れをなくすことができます。清涼飲料水メーカーが、それぞれのブレンドステーションにシロップを移動させるために、マグネットドライブポンプを必要としています。

マグネットドライブポンプとマグネットカップリングは、回転するメカニカルシールの必要性をなくし、シールポイントでの漏れの可能性を根絶します。インド国際経済関係研究評議会(ICRIER)によると、インドは世界で最も急速に成長しているアルコール飲料市場の一つであり、2021年8月時点の市場規模は約525億米ドルに上るとされています。複数の予測によると、飲料用ポンプ市場は毎年着実に成長し、2026年末には10億米ドルを超える規模に達すると予測されており、今後数年間で著しい成長が見込まれています。このように、食品・飲料分野の成長が、今後数年間、磁気駆動ポンプ市場を牽引することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]