アロマ成分市場、2028年には76億9,262万米ドル規模に到達予測

アロマ成分市場は2021年に53億7,690万米ドル、2028年には76億9,262万米ドルに達すると予測され、年平均成長率5.2%で成長すると見込まれています。

アロマ成分は基本的に複合化合物で、化粧品やパーソナルケア、ホームケアなどの製品に添加され、香りをつけるものです。アロマ成分は、天然または合成のものがあります。香気成分には、精油、アター、単離物、オレオレジン、アブソリュート、アロマケミカル、特殊香気成分などがあります。パーソナルケアおよび化粧品業界の変遷は、市場に多くの新たな成長機会を提供しており、予測期間中に市場を牽引することが期待されます。

2020年には、アジア太平洋地域がアロマ成分市場を支配し、予測期間中もその支配を維持すると予想されます。近年、アジア太平洋地域では個人の身だしなみに対する意識が高まっており、化粧品の需要増につながり、同地域の化粧品市場の成長をもたらしています。アジアの消費者の間では、身だしなみを整えたいという願望が、個人の衛生習慣に対する意識の高まりにつながっています。

消費者の健康や衛生に対する関心の高まりは、パーソナルケア、化粧品、洗浄、除菌製品など、香りやアロマを提供する製品の需要増につながり、アロマ原料の需要増につながりました。さらに、アジア太平洋地域にはインドや中国などの国々があり、アロマ成分を使用する多くの最終用途市場の製造拠点となっています。アジア太平洋地域の発展途上国では人口が増加しており、可処分所得も増加していることから、パーソナルケア製品や化粧品の需要が高まっています。この需要に伴い、パーソナルケア製品の国内生産が増加し、同地域におけるアロマ成分の消費量が増加しています。

市場動向

アロマ成分の多様な用途

エアケア、ファインフレグランス・香水、家庭用品、食品・飲料、医薬品など様々な用途でアロマ成分の使用が増加していることが、アロマ成分の需要拡大につながっています。ファインフレグランスには、香水、コロン、ボディミスト、デオドラントなどの主要な応用分野があります。香気成分は、高級香料の調合に使用される必須要素の一つです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]