NFCチップ市場、2028年に178億2,700万米ドル規模に成長見込み

NFCチップ市場は、2021年の87億1,440万米ドルから2028年には178億2,700万米ドルに成長すると予測されており、CAGR10.8%で成長すると推測されています。

スマートフォンは、今日の消費者の生活にとって不可欠な要素となっています。消費者は、従来のコミュニケーション手段に加え、携帯電話を利用してより迅速な決済を行うようになっています。NFCは、消費者の携帯端末と財布を一体化させるため、便利な決済手段となっています。これにより、ユーザーはモバイル取引、デジタル資料の迅速な取引、およびタッチ操作によるデバイスと他のデバイスとのリンクが可能になります。その結果、NFC 技術を搭載したデバイスの数は増加しており、新興市場における NFC 技術の拡大と普及に寄与しています。NFC チップはユーザーインターフェイスをより使いやすくし、消費者製品においてより有用なものとなります。アップルやサムスンなどのスマートフォン・メーカーは携帯電話にNFCチップを搭載しており、その結果、携帯電話メーカーにおけるNFCチップの需要が増加しています。スマートフォンの普及に伴い、NFCの普及率も上昇し、NFCチップ市場の成長を後押しすると見込まれています。

さらに、デジタル化の進展と通信技術の強化が、NFCチップの需要を促進しています。例えば、Android Beamは、NFC対応のAndroidスマートフォンに搭載されている機能です。ユーザーは、携帯電話を近づけるだけで、他のAndroidスマートフォンとメディアや連絡先を交換することができます。NFC は消費電力が少なく、時には電気がなくても動作するため、デジタルファイルを共有するのに便利な方法です。このような要因が、NFCチップ市場の成長にプラスの影響を及ぼしています。

NFC は、モバイル決済や情報のスマートな配布とは別に、ピアツーピアモードでも動作します。NFC は、Bluetooth や Wi-Fi ダイレクトと同様に、2 台のスマートフォンで連絡先やカレンダー、ウェブサイトへのリンク、画像、さらにはビデオクリップを交換することを可能にします。NFC は有望な交換・取引ソリューションであり、小規模小売業者は顧客にスムーズで簡単な取引を提供することで、利益を向上させることができます。NFC 技術に関連する上記の利点は、NFC チップ市場の成長にとって有利なビジネスチャンスの創出につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]