バイオ除草剤市場、2028年には38億8,973万米ドル規模に成長見込み

バイオ除草剤市場は、2021年の17億4,783万米ドルから2028年には38億8,973万米ドルに成長すると予測されており、年平均成長率は12.1%と推定されています。

バイオ除草剤には、病原菌や植物毒、その他の微生物で構成された除草剤が含まれます。これらは、雑草の管理と制御のために使用されます。

2020年、北米はバイオ除草剤の市場シェアを独占しており予測期間中も優位性を保つと予想されます。この地域全体でのバイオ除草剤の需要増加は、環境安全性への懸念と有機農業に対する意識の高まりに起因しています。環境と健康に関する消費者の意識を高めるためのイニシアチブは、特に米国とカナダにおいて、この地域の発展に重要な役割を果たすと予測されます。

米国農務省によると、有機栽培された製品に対する消費者の需要は2桁成長を続けており、幅広い製品において米国の農家に市場インセンティブを与えています。このような要因が、地域全体の市場を牽引しています。予測期間中、アジア太平洋地域は最も成長率の高い地域になると予想されます。

中国やインドなどの国々で人口が増加しているため、より大規模な食品・農業活動が必要とされています。消費者は自分たちが食べたり飲んだりするものに意識を向けるようになり、有機食品を好むようになってきています。消費者の嗜好の変化に対応して、農家は有機農法への傾倒を強めており、これが地域全体の市場成長に寄与しています。

市場動向

商業用途での芝草の使用の増加

芝生は、管理された景観に美と価値を提供するためにますます使用されるようになっています。芝草に雑草が生えると美観や使い勝手が悪くなるため、芝草に生える雑草を抑制するために除草剤の使用が効果的です。このため、芝草の雑草を抑制するために除草剤の使用が増加しています。芝草は、裏庭、縁側、プールサイドなどで使用されることが多くなっています。また、学校や保育園、空港、陸上競技場、ゴルフ場など、子どもの遊び場や商業施設の遊び場にも利用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]