冷凍ポテト市場、2028年に838億8,918万米ドル規模到達予測

冷凍ポテト市場は、2021年に627億5,312万米ドルとなり、2028年には838億8,918万米ドルに達し、年平均成長率4.2%で成長すると予測されています。

冷凍ポテトはビタミンや栄養素を天然保存の形で含んでおり、保存期間が長いのが特徴です。ビタミンB6、食物繊維、マグネシウム、抗酸化物質が含まれています。冷凍ポテトは、新鮮なポテトを高度な機械の助けを借りて超低温で加工することで作られます。

予測期間中、冷凍ポテト市場では、アジア太平洋地域が最も速いCAGRで成長すると予想されています。市場を活性化させている主な要因は、消費者の味覚嗜好の変化と加工食品への需要の高まり、および多数の製品バリエーションの可能性です。また、コンビニエンスフードや外出先での軽食への嗜好の高まりによるスナックカテゴリーでの冷凍ポテトの需要増が、予測期間中の市場成長を促進すると予測されます。

さらにインド、中国、日本などの新興経済国の人口増加により、アジア太平洋地域の冷凍ポテト市場には幅広い消費者層が存在します。オーストラリア、中国、インドなどのアジアの先進国および発展途上国の消費者は、職業生活に従事しているため調理時間を短縮し、インスタント食品を提供するコンビニエンスフードに徐々に移行しつつあります。このように、アジア太平洋地域の都市部のライフスタイルは忙しくなっており、消費者は調理や準備に時間をかけない便利な食品を選ぶようになっています。すぐに食べられる食事への嗜好の高まりは、冷凍ポテト市場の成長を後押ししています。

市場動向

クイックサービスレストランの拡大

ファストフードやクイックサービスレストランは、今や消費者にとって時代のニーズとなっています。これらのレストランは大量生産された食品を提供し、利便性と料理のおいしさから、人気が高まっています。また、お金と時間の面でも経済的です。ファストフードやクイックサービスレストランが増加しているのは、消費者のニーズの変化に対応していることが要因です。消費者は食事に便利さと迅速なサービスを求めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]