メタノール市場、2020年では自動車分野が最大の売上シェア

市場動向

増加するメタノール原料としての利用

メチルアルコールは、プラスチック、接着剤、断熱材、繊維、食品などの化学品や化合物の製造に広く使用されています。プラスチックの需要は、世界的な自動車産業の成長により増加しています。この分野では、自動車の内部構造や、バンパー、燃料システム、ホイールハウス、ドアハンドル、ブレーキパッド、ボンネット内の部品などの製造にプラスチックポリマーを使用しています。

プラスチック部品の使用により、車両の軽量化、燃費の向上、化石燃料からの二酸化炭素排出に関する環境規制を大幅に満たすことができます。また、多くの液体製剤ベースの医薬品の防腐剤として広く使用されているため、医療業界における需要も拡大しています。さらにメチルアルコール誘導体は、医薬品やヘルスケア産業で広く使用されています。

誘導体の洞察

誘導体別に、ホルムアルデヒド、酢酸、メタノール-オレフィン(MTO)/メタノール-プロピレン(MTP)、メチルターシャリーブチルエーテル(MTBE)、メタクリル酸メチル(MMA)、バイオディーゼル(ガソリン混合)、ジメチルエーテル(DME)などへ分割されます。2020年では、ホルムアルデヒドセグメントが最大の売上シェアを占めています。ホルムアルデヒドは、メタノールの酸化によって合成される無色の有毒ガスです。

防腐剤、組織固定剤、殺菌剤、実験用汎用化学試薬として利用されています。このセグメントの成長は、自動車産業におけるホルムアルデヒド樹脂の用途が拡大していることに起因しています。この樹脂は、軽量化と燃費向上のために、自動車の内装モールド部品やボンネット部品の製造に広く使用されています。

エンドユーザー業界の洞察

市場はエンドユーザー産業別に、自動車、建設、エレクトロニクス、パッケージ、医薬品、塗料・コーティング、その他に区分されます。2020年では、自動車分野が最大の売上シェアを占めています。メチルアルコールは、内燃機関やその他のエンジンの代替バイオ燃料です。エタノールに比べ、持続的な生産が可能です。メチルアルコール、エタノール、石油のブレンドは、エンジン性能と燃料の利用可能性を最適化するために使用されます。メチルアルコールはガソリンに少量ブレンドして、既存の道路走行用車両に使用することもできます。メチルアルコールは、燃料電池電気自動車の燃料としても考えられています。ガソリンに85%v/vのメチルアルコールを混合した高濃度メチルアルコールは、特殊なフレキシブル燃料自動車(FFV)に利用することが可能です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]