再処理医療機器市場、2028年に56億5,387万米ドル規模に到達見込み

再処理医療機器市場は、2021年の20億8,736万米ドルから2028年には56億5,387万米ドルに達すると予測され、年平均成長率15.3%で成長すると見込まれています。

再処理は、医療機器のライフサイクルの重要な部分です。医療機器のリプロセッシングとは、使用済み、期限切れ、破損していない医療機器を洗浄、滅菌、検査、再製造、消毒、包装し、ラベル付けすることで、大幅に削減したコストで患者が使用できるようにするプロセスです。医療機器の再利用に向けた特別な工程や処理のことを指します。医療機器に対する病院の支出の増加と医療廃棄物の多さが、再処理医療機器市場の成長を促進しています。

COVID-19の急速な広がりは、2020年の再処理医療機器産業に大きな勢いをもたらしました。医療用品の深刻な不足を受け、医療機器再処理業者協会(AMDR)などの規制機関が医療機器の再処理を推進しました。AMDRによると、再処理プログラムの拡大は、医療従事者がCOVID-19関連のコストを管理し、サプライチェーンをより良く規制し、将来の危険に対する計画をより良くするのに役立ちます。

COVID-19の大流行が世界中の経済を混乱させ続ける一方で、医療廃棄物の増大が大きな懸念材料となっています。このため、効率的な再処理の必要性が強調され、供給不足を満たすだけでなく、医療の持続可能性を高めることができます。しかし、感染症が発生すると、医師や患者の安全への関心が高まり、医療機器の再利用に対する懸念が高まりました。

製品別動向

再処理医療機器市場は、製品別に、心臓血管系医療機器、消化器系生検鉗子、整形外科系外固定装置、腹腔鏡医療機器、一般外科医療機器、非侵襲装置、その他に区分されます。2021年には、製品市場セグメント全体において、心血管医療機器セグメントのシェアが大きくなっています。さらに、心血管デバイスセグメントは、例えば脳卒中や心筋症などの様々な冠状動脈性心疾患の負担が増加していることから、予測期間中に市場で最も高いCAGRを記録すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]