繊維セメントサイディング市場、2028年には62億2,951万米ドル規模到達見込み

繊維セメントサイディング市場は、2021年に39億6,350万米ドル、2028年には62億2,951万米ドルに達すると予測され、年平均成長率は6.7%と推定されています。

2020年の世界の建設総数のうち、住宅部門は44%を占め、最大のサブセクターであり、繊維セメントサイディング市場の主要な推進要因となっています。2021年7月のロシア通信によると、ロシアにおける2021年1~5月の住宅の委託は前年比28.4%増となりました。

この成長は記録的な低金利、持続的な雇用の成長見通しの改善、政府によるプログラムの提供により、住宅需要が急増したことによります。

政府の取り組みも、住宅産業を支援していることが確認されています。2021年2月の聯合ニュース社のウェブサイトデータによると、韓国政府は建築規制を緩和し、都市部の再開発プロジェクトを支援することで、全国の新築住宅数を最大83万6,000戸まで増加させると発表しています。

今回の住宅政策は、不動産危機を安定化させるため、ソウル都市圏をはじめとする主要都市での住宅供給を増やすことに重点を置いています。この建設活動は、国内の住宅と商業施設の成長を後押しすることになります。

このように、商業用および住宅用建築物の増加と住宅建設における政府の取り組みが、繊維セメントサイディングの市場規模の成長に影響を与えています。

素材別の洞察

繊維セメントサイディング市場は、素材別にポートランドセメント、シリカ、セルロースファイバー、その他に分類されます。2021年の繊維セメントサイディング市場は、ポートランドセグメントがリードしています。ポルトランドセメントは、石灰石、鉄、粘土で構成される最も一般的なセメントです。

繊維セメントサイディングの主成分である。石灰石と粘土鉱物を窯で加熱してクリンカーを作り、そのクリンカーを粉砕し、石膏を2~3%加えて作られる微粉末です。ポートランドセメントには、いくつかの種類があります。最も一般的なのは、OPC(普通ポルトランドセメント)と呼ばれる灰色のものと、白色のポルトランドセメントです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]