労働衛生市場、2028年に54億9,390万米ドル規模に到達見込み

労働衛生市場は、2021年の44億513万米ドルから2028年には54億9,390万米ドルに達すると予測され、年平均成長率は3.2%と予想されています。

労働衛生は、職場における従業員の身体的・精神的な健康やウェルビーイングに重点を置く医学の一分野です。労働衛生の究極の目的は、仕事に関連する病気、ストレス、怪我を予防し、職場の安全を確保することです。職場環境によっては、有害な化学物質や環境にさらされ、がんや喘息などの深刻な疾患につながる可能性があります。産業医学は、このような障害の予防や管理を支援する体系的なアプローチを意味します。

米国中小企業庁が述べているように、COVID-19の流行は、米国における企業の大部分を占め、民間部門の労働者のほぼ半分を雇用している中小企業にとって特に大きなダメージとなっています。

市場動向

労働衛生に関連する疾病・疾患の増加が労働衛生市場を牽引

極めて過酷な労働環境が世界中で増加し、多くの労働者の生活に影響を与えています。仕事によるストレスの一般的な原因は、長時間労働、過重労働、雇用不安、化学物質関連のプロセスからなる労働環境などです。ストレスにさらされた労働者の存在は、保険料の高騰、技術革新の低下、雇用主ブランドの低下、欠勤の増加、労働者の生産性の低下など、組織の成長を阻害する結果となります。国際労働機関(ILOSTAT)によると、2021年12月のフランスの労働生産性は57.9ドルで、2020年12月に6.98%低下しています。ほとんどの国での生産性率の低下は、雇用者の懸念となっています。

欠勤率の増加や人材管理のコストは経済に影響を与えています。あらゆるセクターにおける欠勤率の上昇は、世界的かつ持続的な生産性の低下につながりかねないため、雇用主や政府にとって懸念材料となっています。オランダ統計局CBSによると、2019年、ヘルスケア部門の従業員の欠勤率は5.7%と最も高いです。水・廃棄物管理会社の労働者の欠勤率は5.7%で、2番目に高くなりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]