ハードセルツァー市場、2028年は43億5546万米ドル規模到達見込み

ハードセルツァー市場は、2021年の25億8,200万米ドルから2028年には43億5,546万米ドルに達すると予測され、年平均成長率8.2%で成長すると予想されています。

ハードセルツァーは、アルコール度数(ABV)が低い飲料で、シトラス、ベリー、トロピカルフルーツなどフルーティーなフレーバーが用意されています。さらに、フレーバープロファイルを強化し、多くの消費者を惹きつけるために、ハードセルツァーブランドは異なるフレーバーを組み合わせた製品を提供しています。例えば、トゥルーリーは、シトラスとベリーの両方のフレーバーを含むラズベリーライムのハードセルツァーを提供しています。

2020年、世界のハードセルツァー市場では北米が最大のシェアを占めており、予測期間中はアジア太平洋地域が最も速いCAGRを記録すると推定されます。ISWR Drinks Market Analysisによると、2020年に米国で最も消費が伸びたのは、ハードセルツァーを含むレディトゥドリンク(RTD)カテゴリーであることがわかりました。多忙なライフスタイルやスケジュールのため、北米の人々は、外出先での消費に最適なRTDパッケージの製品を好んでいます。さらに、低アルコール飲料や低糖分飲料の需要の高まりも、同地域の市場成長を後押ししています。さらに、ソーシャルメディアプラットフォームや有名人の高い影響力は、今後数年にわたりハードセルツァーブランドの大きな成長機会を開くと予測されます。

市場動向

RTD飲料の消費量の増加

RTD飲料は、特定の場所や時間に縛られず、手軽に摂取できることから人気を博しています。多忙なライフスタイルや多忙なスケジュールにより、RTDパッケージの製品が好まれるようになってきています。RTD飲料は外出先での飲用に最適です。さらに、ハードセルツァーを含むRTD飲料は通常、缶入りであり、缶は簡単にリサイクルできるため、消費者の持続可能性への懸念に応えることができます。さらに、缶はスマートでコンパクト、鮮やかな色で印刷されているため、携帯しやすく、幅広い消費者にアピールすることができます。これらの要因が、各地域でRTD飲料の人気を著しく高め、ハードセルツァー市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]