ロボット溶接市場、2028年に113億1,645万米ドル規模に到達見込み

ロボット溶接市場は、2021年に43億9,773万米ドルと評価され、2028年には113億1,645万米ドルに達すると予測されており、CAGRは14.5%と推定されています。

自動化は、生産方法を劇的に変化させ、製造時間や生産コストを削減することで産業分野をかき回しており、そのおかげでロボット溶接市場メーカーは、インダストリー4.0対応ロボットのネットワーク化およびインテリジェント生産へとシフトしています。

2020年7月、ABBインドは新しいロボット施設を開設し、デジタル化技術や業界をリードするロボットなどのインダストリー4.0のメリットを自動車&輸送、電気&電子分野のインドの産業に提供しています。さらに、ロボット溶接市場メーカーは、先進的なインダストリー4.0対応ソリューションに向けて戦略的イニシアチブをとっています。

2020年10月、富士通、ファナック株式会社、NTTコミュニケーションズは、工作機械業界および広範な製造業におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援するクラウドサービスを提供する株式会社DUCNETを設立しました。しかし、産業界全体の自動化ニーズの高まりと、大幅な技術的成長により、ロボット溶接市場の成長が期待されます。

ロボット溶接市場

世界的な自動車需要の増加により、運輸産業や自動車産業は増産を迫られています。生産量を増やすには、ロボット溶接アームなど、自動車製造プロセスの速度と精度を高める機械への投資が必要です。したがって、自動車産業の成長は、新興国での車両需要の増加を通じて貢献し、EVを推進するために政府の増加強調は、ロボット溶接の採用を推進しており、それによってロボット溶接の市場規模の成長に貢献しています。

2021年12月、米国政府は2035年までにガスエンジン車を段階的に廃止することを発表しました。欧州連合と中国は、2050年までにカーボンニュートラルになるという野心的な目標を掲げています。2017年、インド政府は2030年からEVのみを販売することを発表しました。

さらに、自動車産業におけるロボット溶接市場プレイヤーの戦略的イニシアチブの増加は、ロボット溶接の需要を促進する。例えば、2018年にABBは、自動車業界向けのロボット溶接ソリューションとサービスの経験が豊富な民間企業であるAB Rotechを買収しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]