プロダクトアナリティクス市場、2028年に280億9,050万米ドル規模に成長予測

プロダクトアナリティクス市場は、2021年の91億6,550万米ドルから2028年には280億9,050万米ドルに成長すると予測されており、CAGRは17.4%と推定されます。

プロダクトアナリティクスは、ユーザーが製品やサービスにどのように関わっているかを分析し、ユーザーのエンゲージメントや行動情報を追跡・可視化することを可能にするものです。このデータを研究することで、企業は製品提供を最適化し、顧客満足度を向上させることができます。

プロダクトアナリティクスツールは、製品マネージャーやチームに、ユーザーと製品の関わり方を定量的に理解させることができます。ある機能を何人のユーザーが使用したか、特定のボタンを何回クリックしたか、どのような種類の製品やサービスを優先的に使用したかなどを集計して把握することができます。

企業が新製品を市場に投入する前に、アンケートやインタビューを通じて潜在顧客からデータを収集し、リスクや課題を知るという動きが世界的に広がっています。

企業は、顧客の行動データを分析し、その情報をもとに製品を設計する前の仮説を検証しています。マイクロソフトが実施した2019年の調査では、データ分析の導入がわずか数年で急増していることが明らかになっています。ビッグデータの導入は、2015年から2018年にかけて42%という大幅な上昇を観測しました。

より良い意思決定などの利点が、世界中でプロダクトアナリティクス市場の需要を促進しています。プロダクトアナリティクスは、組織が情報に基づいた意思決定を行い、精度、効率、応答時間を向上させるためにデータを使用します。

また、プロダクトマネージャーには、目標や目的に対する明確なイメージを与えることができます。企業はデータの可視化を迅速に利用し、主要業績評価指標(KPI)に対する現在と過去のパフォーマンスを追跡します。

プロダクトアナリティクスツールが提供するその他の利点には、トレンド、顧客行動、市場変化の追跡があり、ビジネスオーナーやマーケティング担当者は製品を発売する際に活用することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]