水産養殖市場、2021年~2028年のCAGRは4.3%で成長予測

水産養殖市場は、2021年に2,674億2,364万米ドルとなり、2028年には3,579億327万米ドルに達すると予測され、CAGRは4.3%で成長すると見込まれています。

水産養殖は、魚類、甲殻類、軟体動物、藻類など、水生動物を養殖することです。水産養殖では、淡水、海水、汽水などの環境で水生動物を養殖します。水産物の生物多様性を阻害することなく、人々が消費する水産物の需要を満たす、持続可能な養殖方法です。

世界の養殖市場において、アジア太平洋地域は2020年に最大の市場シェアを占め、2021年から2028年にかけて最も速いCAGRで成長すると予測されています。中国やインドなどの国々では、魚の生産率が消費率をはるかに上回っています。さらに、中国はその巨大な生産能力で国内外の水産養殖市場に貢献しています。アジア太平洋地域は、水産養殖製品の最大の生産・輸出国として発展してきました。漁業と水産養殖の生産は、アジア太平洋地域の国家経済への主要な貢献者の1つです。これらすべての要因が、アジア太平洋地域の水産養殖市場の成長を主に促進しています。

政府の積極的な取り組みが養殖の採用を促進

政府の主導と有利な政策は、養殖に携わる事業体に適した環境を作り出す上で重要な役割を果たします。これには、研究、法的枠組み、水産養殖のためのインフラが含まれます。国連食糧農業機関(UN FAO)は、将来の水産物の供給と需要の間にギャップがあることを認めています。2030年までの水産物の需要は2億6,000万トンを超えると予測され、現在の生産量による供給量は2億1,000万トンと推定されています。このため、養殖は水産物の需要増に対応できる供給源と考えられています。また、水産物需要の増加に伴い、持続可能な環境のための水産物生産に関連する認証や規格がほとんどないのが現状です。

培養環境に基づく洞察

養殖市場は、培養環境に応じて淡水、海水、汽水に分類されます。汽水域セグメントは、予測期間中、市場で最も高いCAGRを記録すると予想されます。汽水は、淡水よりも塩分濃度が高いですが、海水ほどではありません。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]