フレキシブル包装市場、2028年に2,379億7,567万米ドル規模到達見込み

フレキシブル包装市場は、2021年の1,761億7,361万米ドルから2028年には2,379億7,567万米ドルに達すると予測され、年平均成長率は4.4%と予想されています。

フレキシブル包装には、ライナー、パウチ、シール、サンプルパケット、バッグなどがあります。それらはフィルム、プラスチック、紙、ホイルなどで構成されています。食品や飲料、消費者製品、音楽CD、医薬品、コンピュータソフトウェアパッケージ、栄養補助食品に使用されています。

フレキシブル包装が提供する耐久性により、メーカーは人目を引く高品質のカスタムデザインを印刷することができ、小売環境における製品の視認性が高まります。

2020年、アジア太平洋地域は世界のフレキシブル包装市場で最大の収益シェアを占めました。アジア太平洋経済協力によると、オーストラリアはAPACの先進国の1つです。

食品・飲料部門はオーストラリア最大の製造業であり、同国の製造業総売上高の32%を占めています。Australian Food and Grocery Councilの2019 State of the Industry Reportによると、食品&飲料、食料品、生鮮食品部門は853億2,000万米ドルの価値があります。

この業界は、273,000人以上を雇用する大小15,000の企業で構成されています。成長する食品・飲料産業は、フレキシブルパッケージ市場を牽引しています。

市場動向

加工食品・飲料の消費拡大

Anu Food Brazilのレポートによると、ブラジルの食品小売部門の総収入は2019年に960億米ドルでした。ブラジルの食品・飲料業界は、2019年に6.7%、2020年に12.8%の成長を達成しました。

ブラジルでは冷凍食品市場が繁栄しています。ブラジルでは、中産階級の拡大、購買力の上昇、フルタイムで働く人の増加により、冷凍食品市場が活性化しています。したがって、コンビニエンス・フードに対する消費者の嗜好の高まりが、フレキシブル・パッケージング市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]