人工芝市場、2021年~2028年までのCAGRは5.2%と予測

人工芝市場は2021年に28億4,728万米ドルとなり、2028年には40億6,736万米ドルに達すると予測されています。2021年から2028年までの年平均成長率は5.2%の見込みです。

人工芝は、合成繊維から製造され、天然芝を模して作られています。人工芝の原材料には、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリアミド(ナイロン)、ゴム化合物、ポリエステルフォーム、さまざまな色、およびその他の添加物が含まれています。原材料の品質は、芝生の性能に不可欠です。

人工芝市場は、材料、用途、地域に基づいて分析されています。2020年、人工芝市場では、アジア太平洋地域が最大の収益シェアを占めています。アジア太平洋地域の人工芝市場成長の主な要因は、家庭分野での人工芝の利用が増加していることです。

人工芝は、水や化学薬品の使用量が少ない、メンテナンスが簡単、灌漑が不要、耐候性が高いなどメリットがあり、スポーツ施設からの高い需要に寄与しています。また、グローバル化の進展や建設業界の成長も、人工芝市場の成長に有利に働きます。この地域の企業は研究開発に多額の投資を行い、革新的な製品の開発に貢献しており、この地域の市場を後押ししています。

戦略的洞察

スポーツ産業と競技場数の増加による人工芝の需要拡大

人工芝は様々なスポーツに適していますが、一般的には野球、サッカー、フットボール、ラクロス、ラグビー、サッカーに使用されています。2021年、バンクオブアメリカスタジアムは天然芝から人工芝に切り替えることを決定しました。テッパースポーツ&エンターテインメントは、2021年のカロライナ・パンサーズのシーズンを前に、芝生からフィールドターフに移行することを発表しました。BCプレイス・スタジアムも、2022年1月末までにカナダで新しい芝生のフィールドを導入する予定です。さらに、インドなどの国々の都市や村でも人工芝のフィールドが誕生しています。したがって、スポーツ産業における人工芝の需要の高まりと、人工芝を使用するスタジアムの増加が、世界の人工芝市場を大きく牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]