画像解析ソフトウェア市場、2028年に76億7,216万米ドル規模に成長見込み

画像解析ソフトウェア市場は、2021年の39億7,093万米ドルから2028年には76億7,216万米ドルに成長すると予測されており、年平均成長率は9.9%と推定されています。

画像解析ソフトウェア市場は、デジタル画像処理技術を使用して、写真(主にデジタル画像)から価値あるデータを抽出することを支援するものです。

画像解析の作業は、バーコードタグのスキャニングのような単純なものから、人物の顔認識のような複雑なものまで、多岐にわたります。膨大なデータの処理、複雑な計算を必要とする業務、定量的なデータの抽出にはコンピュータが必要とされます。コンピュータや電気機器が画像を解析して有用な情報を取り出すことを、デジタル画像解析またはコンピュータ画像解析といいます。パターン認識、デジタル幾何学、信号処理などをコンピュータビジョンや医用画像処理などの分野に取り込んでいます。

人工知能(AI)と機械学習(ML)を搭載した画像解析ソフトウェア・アプリケーションは、自動車産業を再定義します。現在、自動車製造業において、設計、サプライチェーン、生産、ポストプロダクションの各分野で活用されています。AIと機械学習は「運転支援」や「ドライバーリスク評価」システムにも活用され、交通業界に革命を起こしています。人工知能は、予知保全や保険など、さまざまなアフターマーケット・サービスにも変化をもたらしています。自動車ビジネスでは、機械学習により、新しいインテリジェント製品の開発や作業方法の改善が進んでいます。

形状検出、エッジ認識、ノイズ除去、オブジェクトのカウント、テクスチャ解析や画質の統計処理などは、すべて画像解析タスクの一例です。2次元(2D)または3次元(3D)のデジタル画像の定量的または定性的な特徴づけであり、コンピュータビジョンは2D画像を、医療用画像は3D画像を分析します。画像解析ソフトウェアは、顕微鏡の画像解析や科学的な画像の研究に広く使用されています。画像解析ソフトウェア市場の成長は、主にヘルスケアとライフサイエンス産業におけるソフトウェアの大規模な採用によって駆動されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]