医療用レーザーシステムの市場、2021年~2028年はCAGR13.5%で成長予測

医療用レーザーシステム市場は、2021年から2028年までCAGR13.5%で成長すると予測されています。市場は2028年に58億3,402万米ドル規模に到達する見込みです。

眼科疾患の発生率の増加が、医療用レーザーシステム市場を実質的に牽引しています。北米は予測期間中、医療用レーザーシステム市場における優位性を維持すると推測されています。米国は北米で最大の市場シェアを持ち、予測期間中もこの傾向が続くと見込みです。

米国疾病管理予防センター(CDC)が発表した統計によると、米国では心臓病が原因で約61万人の死亡が記録されており、これは死亡者4人に1人にあたります。毛髪レーザー除去治療やレーザー皮膚治療など、個人の美意識や身だしなみに対する人々の関心の高まりが、予測期間中の医療レーザーシステム市場の成長に影響を与える可能性が高いとされています。

Skin Cancer Foundationのレポートによると、米国では毎年約10,130人がメラノーマによる死亡を記録しています。また、米国皮膚科学会(AAD)のレポートによると、アメリカ人の3人に1人が皮膚科を利用、4人に1人が毎年皮膚病に罹患しています。医療用レーザーシステムは、皮膚疾患の迅速な診断と治療に役立っています。これらすべての要因が、医療用レーザーシステム市場を支えています。

市場インサイト

高齢者人口の大幅な増加が医療用レーザーシステム市場の成長を促進する

米国国勢調査局のレポートによると、米国の65歳以上の人口は、2016年の4,600万人から2060年には9,800万人以上に増加すると予想されています。この間、65歳以上の人口比率は約15%から約24%に急増する予測です。

国連の「World Population Ageing」が発表した別のレポートでは、2017年に60歳以上の高齢者の割合が世界で最も高かったのはヨーロッパの25%です。さらに、2050年には、アフリカを除くすべての地域で60歳以上の人口が~25%以上になる見込みです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]