電気自動車用ワイヤーハーネス市場、2021年~2028年の年平均成長率は16.9%と推定

電気自動車用ワイヤーハーネス市場は、2021年の23億9,850万米ドルから2028年には71億6,700万米ドルに成長すると予測されており、年平均成長率は16.9%と推定されています。

技術の進歩や電気自動車(EV)の製造台数の増加により、軽量化と車両パッケージングの改善を実現するための軽量ワイヤーハーネスの需要が高まっています。消費者行動の変化と技術主導の特性に対する需要の高まりが、自動車産業を広くリードすると予測されます。世界中の政府が実施する環境・安全規制や規範により、OEMはモビリティの要求を満たすための技術に投資することが求められています。先進国における内燃エンジンから電気乗用車および電気商用車への移行は、需要に貢献するとされています。新興市場、消費者の嗜好の変化、自動化の進展は、技術主導の傾向を強めることでEV産業に革命を起こすと予想されます。性能、柔軟性、信頼性の向上を実現するための電気自動車用ワイヤーハーネスに対する需要の高まりが、市場の成長を後押ししています。

市場動向

高機能化する電気自動車の販売急増

消費者の嗜好の変化と技術の進歩により、電気自動車(EV)産業は大きく変貌を遂げています。中国はEVの普及が進んでいる地域の一つです。中国は世界最大の自動車市場でもあり、完全な電気自動車やプラグインハイブリッド車の新車販売台数が急増しています。ヨーロッパでは、ドイツが消費者にEV購入のための金銭的インセンティブを提供しています。世界中のOEMやサプライヤーは、内燃機関(ICE)車からEVへのシフトに向けた準備を進めています。エアコン、クライメートコントロール、パークアシストカメラ、高解像度インテリジェントディスプレイ、タッチスクリーン、急速充電機能、オートワイパーやライトなどの先進機能を備えた快適な自動車への需要の高まりが、電気自動車ワイヤーハーネスの必要性を高めているのです。

車種別セグメントの洞察

電気自動車用ワイヤーハーネスの世界市場は、車種別にプラグインハイブリッド車(PHEV)、バッテリー電気自動車(BEV)、ハイブリッド電気自動車(HEV)、燃料電池電気自動車(FCBEV)に分類されます。BEVは、最も持続可能な運転体験や二酸化炭素の排出がないなどの大きな利点があり、世界的にBEVの成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]