車載組込みシステムの市場、2028年は70億5,111万米ドル規模に到達予測

車載組込みシステムの市場は、2021年の44億8,381万米ドルから2028年には70億5,111万米ドルに達すると予測され、年平均成長率は6.7%と予想されています。

車載組込みシステムは、自動車に組み込まれ、多くのタスクを制御するコンピュータ化されたシステムです。データやサービス機構を調整するように設計されています。車載組込みシステムは、ソフトウェアに大きく依存しています。大半は、省エネや排出ガスの削減、高い信頼性と安全性の基準を満たすために自動車に搭載されています。また、エンドユーザーの安全性、快適性、コストなどの基準を満たすことにも役立っています。システム設計やソフトウェア開発の変化、統合的なサービスの進化が、新たなビジネスの可能性を開くでしょう。

市場動向

インフォテインメントの需要増が車載組込みシステム市場の成長を牽引

モビリティ産業の変革に伴い、インフォテインメントシステムの範囲は、乗客にさらなる安全機能、追加機能、および娯楽を提供するために拡大しています。スマートフォンの接続により、ユーザーはWi-FiやBluetooth接続を通じてメッセージや情報にアクセスでき、外出先でも簡単に仕事ができるようになります。これらのインフォテインメントシステムは、デジタルアシスタント、複数のスクリーンなどの入力方法によって、車内でデジタルを利用した体験を提供します。デジタル・インターフェースを取り入れることで、自動車メーカーやOEMは、より適切な方法でリアルタイムデータを表示するインターフェースを作成することができます。また、デジタル・インターフェースはより幅広い機能を付与するため、メーカーはADASを含む多くのセーフティ・クリティカルな機能を実行できるようになります。

タイプ別セグメント動向

組み込みシステムは、ハードウェアとソフトウェアのコンポーネントの組み合わせであり、マイクロプロセッサやマイクロコントローラーをベースとして、自動車分野で特定のタスクを実行するために設計されたものです。車載組込みシステムは、ドライバーに拡張性のあるデータを記録させ、自動車の性能とドライバーの行動に関する重要な洞察を得ることができます。車載組込みシステムソリューションは、メンテナンスの必要性を予測し、自動車事故を回避するのに役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]