データベースセキュリティ市場、2028年までに162億7,380万米ドル規模に成長見込み

世界のデータベースセキュリティの市場規模は、2020年に57億5,170万米ドルとなり、2021年~2028年に14.3%のCAGRで成長し、2028年までに162億7,380万米ドルとなると予想されています。

企業は、顧客記録や財務記録など、膨大な量のデータベースを保持しています。このようなデータベースを正確に監視し、サイバー攻撃から保護するためには、定期的な監査が必要です。データベースに対するサイバーセキュリティの脅威は、ネットワークセキュリティ、認証、暗号化などの要因に依存します。データベースセキュリティは、無許可のアクセスからデータを保護するのに役立ち、そのためレガシーデータベースの保護に採用されることが多くなっています。

このように、データベースセキュリティツールの実装は、ハッカーからデータベースサーバーを保護する能力がない組織のために効果的です。企業のデータベースの攻撃の1つは、SQLインジェクションであり、これは簡単にアプリケーションを介して侵入し、セキュリティ違反につながる可能性があります。データベースセキュリティソリューションは、外部からの攻撃と内部からの攻撃の両方から保護することができます。データベースに影響を与える主な要因は、アップグレードサイクルの変更管理の不備です。データベースセキュリティソフトウェアは、不要な変更を減らし、説明責任を果たすのに役立ち、これがデータベースセキュリティ市場の成長を促進しています。

2020年、世界中でクラウドベースのアプリケーションとサービスの拡大が急増しています。今後2年間で、企業の4社に3社(75%)がクラウド上でより多くのアプリケーションを構築する予定となっています。クラウドは、単に新しいアプリケーションを開発するための基盤というだけでなく、既存の基幹業務アプリケーションを保管する場所として急速に普及しました。企業は、クラウドプラットフォームを新たな用途に拡大利用することを計画しており、導入サイクルの初期段階であるか、熟練のクラウドユーザーであるかにかかわらず、両経済圏で効率的なデータベースセキュリティを設計する市場関係者に大きな機会をもたらしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]