食品用コンタクトペーパー市場は、2028年に978億米ドル規模に到達予測

食品用コンタクトペーパー市場は、2020年の686億米ドル規模から、2028年には978億米ドル規模に達すると予測されており、年平均成長率4.7%で成長すると見込まれています。

食品用コンタクトペーパーは、焼き菓子、菓子、肉、スナックなど、食品の一次包装材として使用されています。食品用コンタクトペーパーは、プラスチックやガラスなど、他の多くの食品包装材料の代替となる持続可能な材料です。企業による二酸化炭素排出量削減への取り組みの高まりは、世界中でフードコンタクトペーパーの採用に影響を与えています。

2020年には、アジア太平洋地域が世界の食品用コンタクトペーパー市場を支配し、予測期間中続くと予想されます。アジア諸国における外食産業の成長、環境に対する意識の高まり、アジア諸国におけるプラスチック包装を禁止する政府の取り組みの増加は、環境に優しく持続可能な包装ソリューションへの需要を加速させ、アジア太平洋地域のフードコンタクトペーパー市場の成長を促進すると予想されます。

市場動向

リサイクル可能な生分解性包装ソリューションの需要拡大

生分解性でリサイクル可能な包装は、消費者とメーカーの両方にとって、使い捨ての包装オプションに代わる魅力的な選択肢となってきています。米国では、外食産業の包装によって、相当量の廃棄物が埋立地に捨てられています。米国環境保護庁が発表した報告書によると、米国では食品廃棄物と包装材が埋め立てられる物質の大部分を占めています。紙製の包装は生分解性があるため、リサイクル可能な包装よりも好まれています。リサイクルされた食品用コンタクトペーパーを使用すると、汚染の可能性が高くなり、環境や人間の健康に影響を与える可能性があります。使い捨てのビニール袋の使用に関する政府の取り組みが世界中で増えているため、リサイクル可能かつ持続可能な包装ソリューションの需要が高まり、食品用コンタクトペーパーの需要も増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]