ヴィーガンドッグフード市場は、2021年~2028年の間年平均成長率7.8%で成長予測

ヴィーガンドッグフード市場は、2021年に63億8,683万米ドル、2028年には108億3,965万米ドルに達すると予測され、年平均成長率7.8%で成長すると予想されています。

ヴィーガンドッグフードは、動物由来の原材料を一切使用せず、植物由来の成分のみで作られており、動物が一切傷つけられたり搾取されたりしないことが保証されています。ヴィーガンは、急速に広まりつつあるトレンドの一つです。植物性食品の利点や動物の健康に対する意識の高まりから、人々は食を植物性食品にシフトしつつあります。

さらに、菜食主義者のペットの飼い主は、菜食主義者の食事をペットに与えることを好みます。ヴィーガンドッグフードは、犬の糞の臭いを抑え、関節痛のリスクを軽減することができるなどのメリットがあります。また、ヴィーガン食品は消化不良を起こしにくいとされています。癌や甲状腺機能低下症になる可能性も低下します。したがって、飼い主の間でヴィーガン食の人気の高まりは、主に市場の成長を推進しています。

2020年、ヨーロッパは世界のヴィーガンドッグフード市場で最大のシェアを占め、アジア太平洋は予測期間中に最も急速に成長している市場になると予想されています。欧州の人々は、自分たちが環境や動物に与えている害について認識するようになっています。ヨーロッパでは、ヴィーガンの数が急速に増えています。さらに、従来の肉ベースのペット用食事と同じ栄養素を含むヴィーガンドッグフードが広く利用可能なため、ペットオーナーは従来のものよりもヴィーガン食品を選択することができます。この要因は、欧州全域のヴィーガンドッグフード市場の成長を促進しています。

市場動向

アジア太平洋地域からのヴィーガンドッグフードの需要の増加

可処分所得の増加やペットの栄養、健康、ウェルネスに関する関心の高まりにより、飼い主はペットフードに多額の出費をするようになっています。飼い主は、ペットフードに使用されている原材料について幅広く調べています。自然素材や特殊素材のペットフードは、自分の健康や栄養の好みをペットの製品選びにも反映させるため、高い需要があります。アジア太平洋地域におけるヴィーガン志向の高まりとペット飼育者の増加が、同地域のヴィーガンドッグフード市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]