公共安全および政府機関ミッションクリティカル通信の市場2028年には93億9,000万米ドル規模に到達予測

公共安全および政府機関ミッションクリティカル通信の世界市場は、2021年に58億750万米ドルと評価され、2028年には93億9,000万米ドルに達すると予測されており、CAGRは7.4%と予想されています。

ミッションクリティカル通信には、従来のシステムでは需要を満たせない状況において、エンドユーザーへの通信手段を支援するソリューションが含まれます。また、公共安全や政府機関のミッションクリティカル通信市場は、コミュニケーションを促進し、人や財産への危険が伴う業務をサポートします。クリティカル・コミュニケーション・デバイスは、危機的な状況について人々を教育するために使用されます。公共安全および政府機関ミッションクリティカル通信市場では、ネットワーク事業者が通信インフラの新たな設計・管理戦略に注力し、ネットワークとサービスの急速な進化に対応し、信頼性の高いネットワーク運用を保証しています。

市場動向

政府機関からの需要の高まりが、公共安全および政府機関のミッションクリティカル通信市場の成長を促進

市民は、政府機関から24時間体制のサービスとコミュニケーションを期待しています。正確で最新の情報に簡単にアクセスでき、適切な政府関係者とスムーズにつながることを望んでいます。また、サービスが迅速、効果的、かつ透明性を持って提供されること、問題が迅速、効果的、かつオープンに解決されることを望んでいます。多くの政府機関では、いまだにリース式のPBXシステムやCentrexタイプのシステムなど、時代遅れの通信インフラに頼っているのが現状です。また、公共安全や政府機関のミッションクリティカル通信市場において、政府は公共圏で立派なプレーヤーであるために優れた通信システムを開発し維持しています。このような背景から、政府はニーズや好みを把握し、複数の利害関係者が参加する審議の場を設け、情報に基づいた政策論争を行い、緊急事態の発展に力を注いでいます。こうしたことが、公共安全や政府機関のミッションクリティカル通信市場の需要を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]