アーティストグレードアクリル絵具市場は、2021年~2028年のCAGRは5.5%と推測

アーティストグレードアクリル絵具市場は、2021年に9億2,524万米ドル規模で、2028年には13億4,862万米ドル規模に達すると予測されており、2021年から2028年までのCAGRは5.5%と推測されています。

アーティストグレードアクリル絵具は、顔料が豊富で、キャンバス、金属、ガラス、木材など幅広い表面に鮮やかな発色をさせることができます。これらの塗料は、高品質の顔料で知られており、さまざまな濃度で入手できます。アーティストが油絵具よりもアクリル絵具を好む理由は、利便性、メンテナンスの少なさ、優れた耐光性、柔軟性にあります。アーティストグレードアクリル絵具は、手頃な価格と低毒により、油絵具よりも人気を集めています。

2020年のアーティストグレードアクリル絵具市場では、ヨーロッパが最大のシェアを占めており、予測期間中はアジア太平洋地域が最も速いCAGRを記録すると推測されます。アーティストグレードアクリル絵具の人気は、汎用性、耐久性、速乾性、低毒性などの特性により、ヨーロッパの消費者の間で著しく伸びています。さらに、同地域では美術や絵画に傾倒する人々が大幅に増加しており、市場を潜在的に牽引しています。欧州ではSENNELIER、Royal Talens BV、ACRYLICOS VALLEJOといったアーティストグレードアクリル絵具の有力メーカーが存在し、市場の成長に大きく寄与しています。これらのメーカーは、消費者の大きなグループを魅了している製品の革新戦略に重点を置いています。例えば、欧州の塗料メーカーであるSennelierは、アーティストグレードアクリル絵具を、チューブ、パウチ、ボトルなどさまざまなタイプのパッケージで、マット、グロッシーなどさまざまな仕上げの製品を提供しています。著名なメーカーによるこのような革新的な製品は、地域全体のアーティストグレードアクリル絵具の売上を押し上げると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]