内分泌かく乱物質スクリーニング市場、2028年に1億5,330万米ドル規模到達予測

内分泌かく乱物質スクリーニング市場は、2021年の1億2,653万米ドル規模から2028年には1億5,330万米ドルに達すると予測され、年平均成長率2.8%で成長すると予想されています。

天然・人工を問わず、多くの化学物質は、体内のホルモンを調節する内分泌系を模倣したり、干渉したりする可能性を持っています。これらの化学物質は内分泌かく乱物質として知られ、発育障害、生殖障害、脳障害、免疫障害、その他の障害との関連が指摘されています。内分泌かく乱物質は、ペットボトルや容器の一部、金属製食缶のライナー、洗剤、難燃剤、食品、玩具、化粧品、農薬など、さまざまな日常品に含まれている可能性があります。農薬、化学物質、環境毒素は、内分泌かく乱物質スクリーニングによって、エストロゲン、アンドロゲン、甲状腺ホルモン系に影響を与える可能性があるかどうか、2段階の方法でスクリーニングされます。

市場動向

内分泌疾患の有病率の増加が内分泌かく乱化学物質スクリーニング市場を牽引

先端巨大症(成長ホルモンの過剰分泌)、肥満、メタボリックシンドローム、空腹時血糖値異常、耐糖能異常、骨粗鬆症、骨減少症、軽・中度ビタミンD不足、勃起不全、脂質異常症、甲状腺炎などは、米国で成人の5%以上の有病率を占める内分泌疾患の一つです。これらの疾患のうち、勃起不全は男性が最も多く、骨減少症/骨粗鬆症は女性が最も多くなっています。小児の糖尿病と下垂体腺腫は最も一般的でない疾患で、米国人口の1%未満が罹患しています。副腎皮質癌、褐色細胞腫、下垂体腺腫は、最も発生率の低い疾患です。副甲状腺機能亢進症や甲状腺疾患は女性に多くみられます。糖尿病は少数民族に多くみられます。内分泌・代謝疾患は現代人に最も多い疾患の一つであり、特に米国などでは十分な栄養摂取と高リスク者に対するスクリーニング・プログラムが実施されています。副甲状腺機能亢進症、原発性・続発性性腺機能低下症、GH欠乏症、甲状腺機能低下症などの内分泌疾患は、代謝性骨疾患や糖尿病などの他の疾患を引き起こすことがあります。したがって、このような疾患の有病率や発生率の増加は、内分泌かく乱スクリーニング製品の需要を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]