高速ケーブル市場、2021年から2028年のCAGRは6.9%と推定

高速ケーブル市場は、2021年の107億3,130万米ドル規模から2028年には171億1,052万米ドル規模に成長すると予測されており、CAGRは6.9%と推定されています。

インターネット使用の増加や高度なソフトウェアソリューションの開発により、世界的にデータ生成量の増加が進んでいます。

このような膨大な量のデータを処理・保存する必要性から、企業は高度な処理・保存ソリューションを採用するようになり、市場の推進力となっています。デジタル化の進展に伴い、データセンターは現代の産業と経済にとって最も重要な要素となっています。データセンターはクラウドコンピューティングで重要な役割を果たしており、コスト面や運用面での優位性から産業界がクラウド技術の採用に動いていることから、中小企業がこの技術の採用の最前線に立っています。

さらに、複雑なクラウドコンピューティングの運用は、大手ハイテク企業や研究機関が行っており、データセンターも必要とされています。データセンターで広く使用されている高速ケーブルとしては、アクティブ光ケーブル、直付け銅ケーブル、光ファイバーケーブルなどがあります。さらに、モノのインターネット(IoT)、拡張現実(AR)、仮想現実(VR)の出現により、データセンターへの配備は継続的に増加しており、その結果、高速ケーブルの採用が促進されています。

高速ケーブルの市場動向

インターネット接続数の増加が高速ケーブル市場の成長を促進

メタバースの出現により、インターネットは人間社会にとって最も重要な要素になりつつあります。インターネットユーザーの数は、インターネットや接続デバイスの手頃な価格の増加に伴い、上昇しています。Statistのデータによると、2021年1月現在、世界には46億6,000万人のインターネットユーザーがおり、世界人口の59%を構成しています。インターネット普及率が最も高いのは、デンマーク、UAE、スウェーデンです。さらに、2020年まで、APACのオンラインユーザー数は約25億人と最も多く、ヨーロッパは約7億2,800万人で2位にランクインしています。2020年には、中国が世界で最も多くのインターネットユーザーを抱え、インドと米国がそれに続きます。さらに、MEAやSAM諸国などでは、デジタル化とインターネットサービスが初期段階にあります。高速ケーブルは、セルタワーの設置やルーターへのブロードバンド接続に使用されるため、通信インフラの確立に最も重要なコンポーネントの1つとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]