民間航空機整備用工具市場、2028年に20億2,046万米ドル規模に到達予測

民間航空機整備用工具市場は、2021年に14億5,640万米ドル、2028年には20億2,046万米ドルに達すると予測され、年平均成長率4.8%で成長すると見込まれています。

航空機MRO格納庫の急増と振動計の需要増が民間航空機整備用工具市場の成長を牽引しています。民間航空機の調達の急増により、世界中で航空機のMROショップや格納庫の数が大幅に増加しています。航空機のMRO格納庫やMRO港の新設は、各種メンテナンスツールの需要に比例しており、これが民間航空機用メンテナンスツール市場の重要な要因の1つとなっています。また、民間航空機MRO業界の企業が、既存のMRO格納庫を新しい港で拡張するために継続的に投資していることが、民間航空機整備用具市場の成長を後押ししています。

2019年、デルタ航空のエンジニアリング部門であるDelta TechOpsは、米国アトランタに新しいジェットエンジンMROおよびテスト施設を開設しました。Delta TechOpsは、ロールス・ロイスおよびプラット&ホイットニーと長期契約を結び、これら2つのエンジンメーカーが製造する様々なタイプのエンジンをメンテナンスしています。

タイプ別洞察

民間航空機整備用工具市場は、工具の種類によって、スピードハンドル、レンチ、セーフティーワイヤープライヤー、振動計、金属加工用工具、NDT工具、その他に区分されます。2021年の市場シェアは、スピードハンドル部門が最も大きいです。

ユーザー別動向

民間航空機整備用工具市場は、ユーザーに基づき、MROサービスプロバイダーと航空会社オペレータに二分されます。2021年の市場シェアは、MROサービスプロバイダー部門が大きいです。

用途別の洞察

民間航空機整備用工具市場を用途別に分類すると、エンジン、機体、着陸装置、ラインメンテナンス、その他に分けられます。2021年の市場シェアは、機体セグメントが最も大きくなりました。

民間航空機整備用工具市場で事業を展開する企業は、主に先進的で効率的な製品の開発に注力しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]