機械式ポンプ市場、2028年に727億3,220万米ドル規模到達予測

機械式ポンプ市場は、2021年の496億3,960万米ドルから2028年には727億3,220万米ドルに成長すると予測されており、CAGRは5.6%と推定されています。

国連によると、世界の人口は2050年までに97億人に達すると予想されています。従来の農法では、環境や気候の不確実性が成果を左右するため、増加する食糧需要を満たすには不十分となる可能性があります。垂直農法のような最新の農法は、従来の農法に比べ、より小さなスペースでより多くの収穫を得ることができ、水の使用量も90%削減することが可能です。

さらに、従来の農法で使用される農薬の長期的影響に対する人々の意識が高まり、有機食品への需要が高まっています。垂直農法は、制御された環境を使用し、果物、野菜、種を有機的に栽培することができます。垂直農法では、水を循環させるために機械式ポンプが広く使用されています。したがって、有機食品の需要の急増に起因する垂直農法の採用の増加は、今後数年間で機械ポンプ市場を強化することが期待されています。

機械式ポンプ市場動向

エネルギー需要の高まりが機械式ポンプ市場の成長を後押し

現在、エネルギーの大部分は石炭火力、ガス火力、原子力、バイオガス火力、地熱などの従来型発電所によって生成されています。これらの発電所では、タービンを回すために水が蒸気に変換され、発電に重要な役割を担っています。これらの発電所では、水を循環させるために機械式ポンプが使用されています。アジア太平洋地域を中心とした世界的な人口増加、工業化、都市化により、エネルギー需要は急速に増加しています。その結果、化石燃料を使用する発電所が世界各地に展開されています。例えば、2021年8月、中国の地方政府は、5.2ギガワット(GW)のエネルギーを生成することができる24の新しい石炭発電プロジェクトの建設を承認しています。このように、エネルギー需要の増加、その結果としての発電活動のエスカレートが、機械式ポンプ市場の成長を後押ししています。

ステージ別の市場洞察

機械式ポンプの市場は、ステージによってシングルステージとマルチステージに分けられます。シングルステージ分野は、2020年の市場シェア59.5%でメカニカルポンプ市場を牽引しました。さらに、2028年には57.8%のシェアを占めると予測されています。単段ポンプは、モーターで駆動したときに流体の流れを促進するように設計されたシャフトの周りを回転する1つのインペラで構成されています。単段ポンプは最もシンプルな構造で、片吸込式と両吸込式があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]