PRアナリティクスソフトウェア市場、2028年には71億1,489万米ドル規模に到達予測

世界のPRアナリティクスソフトウェアの市場規模は、2020年に34億7,110万米ドルとなり、2021年から2028年の間に9.8%のCAGRで拡大し、2028年には71億1,489万米ドルに達すると予測されています。

PRアナリティクスソフトウェアは、組織が広報キャンペーンの効果を測定するために使用するツールです。広報チームは、このデータを活用して、特定のアクションのリーチ度の度合いを評価し、今後の広報活動へのアドバイスを行っています。プレスリリース配信ソフトウェア、メディア・インフルエンサー・ターゲティング・ソフトウェア、メディア・モニタリング・ソフトウェアなど、その他の広報ツールは、PRアナリティクスソフトウェアと一緒に使用されることがよくあります。多くの業界でデジタルマーケティングの導入が進んでいることが、PR分析ソフトウェア市場の成長を後押ししています。しかし、URL短縮プラットフォームに関する理解不足が市場の成長を妨げています。一方、市場における信頼できるブランドイメージの維持の重要性は、PRアナリティクスソフトウェアの成長を促進すると予想されます。

PRアナリティクスソフトウェア市場の洞察

オンラインとソーシャルメディアの効果的な活用がPR分析ソフトウェア市場の成長を促進します。コミュニケーションのデジタル化が進んだ今日、競合他社に差をつけるには、企業が強力なオンラインプレゼンスを持つことが重要です。より多くの顧客が、意思決定の前に調査を行うために、オンライン・プラットフォームを利用するようになっています。オンラインPRは、リードの生成、ブログとソーシャルメディアによるブランド関係の構築、新しい人材の獲得において、非常に重要なものとなってきています。したがって、組織はコミュニケーション目標を達成するために、ソーシャルメディアプラットフォームやその他のデジタルチャネルを採用する必要があります。さらに、いくつかの企業は、オンラインでターゲットオーディエンスと交流することを検討しています。オンラインPR会社は、コンテンツマーケティングとソーシャルメディアマーケティングの新しいトレンドに焦点を当てながら、従来のPRの長所を組み合わせています。ソーシャルメディアは、より多くのデータを収集するのに役立ちます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]