犬用療法食市場、2021年~2028年の年平均成長率は5.6%と推定

犬用療法食市場は、2021年の60億9,570万米ドルから2028年には89億4,952万米ドルに達すると予測され、年平均成長率は5.6%と推定されています。

治療用ドッグフードは、さまざまな病気や疾患の管理を助けるために特別に処方されます。これらの食事は、皮膚のかゆみ、消化器系の問題、肥満、アレルギー、熱中症などの治療にも処方されます。ペットフードメーカーは、製品のバリエーションをどんどん変えて、ペットの健康に適したものにしています。

市場動向

犬は、飼い主の生活に大きな影響を与えることから、人間にとって大切な伴侶と考えられています。犬は活動的なライフスタイルを促進し、てんかん発作の発生をより早く察知することができます。ペットは、子どもの社会性、情緒性、認知能力の発達を促すとともに、大人のストレスや不安の解消にも役立っています。犬を飼っている人は、心血管疾患で死亡するリスクが36%低く、心臓発作を起こすリスクも11%低いという研究結果が出ています。

米国ペット用品協会の2019-2020年の調査によると、米国では~6,340万世帯が少なくとも1匹の犬を飼っています。また、ヨーロッパのペットフード業界を代表する団体であるFEDIAFによると、この地域では犬の人気が高まっており、EUにおける愛犬の数は2016年の6,370万頭から2017年には6,640万頭へと増加したそうです。People’s Dispensary for Sick Animals(PDSA)によるAnimal Wellbeing(PAW)レポート2019によると、英国人口の~50%がペットを所有し、ペット犬の人口は990万頭と推定されています。また、同国の成人の26%が犬を飼っています。このように、伴侶としての犬への関心が高まっていることが、犬用療法食市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]