ポンツーンボート市場、2028年に40億8,997万米ドル規模に成長予測

ポンツーンボート市場は、2021年の21億3,297万米ドル規模から2028年には40億8,997万米ドル規模に成長すると予測されており、CAGRは9.7%と推測されています。

全世界の観光産業は急速に増加しています。国連世界観光機関(UNWTO)が発表した最新の数値によると、2021年7月には、約5,400万人の観光客が世界中を旅行しました。

これは、観光産業を何カ月も事実上停止させた感染症が始まって以来、最も高い数字を記録したことになります。

この数字はまた、2020年7月の3,400万人の国際観光客と比較して、約58%の増加を示しています。さらに、World Travel and Tourism Councilによると、サウジアラビアは2025年までに2,210万人の国際線入国者を記録し、現在のドバイの訪問者よりも40%近く高くなると予想されています。さらに、世界観光機関によると、南米は2027年までに7,820万人の観光客を受け入れ、当該地域の経済に820億米ドルの利益をもたらすと予想されています。

さらに、UAE、オーストラリア、米国、カナダ、ブラジル、イタリア、フランス、ドイツ、インド、中国などが有力な観光地として挙げられます。このように、これらの観光地では観光産業が発展しているため、レクリエーション用のセーリングやウォータースポーツのアクティビティが増加しています。

2020年、世界の観光セクターはロックダウンにより減少し、2021年のロックダウンの解除と製造工場の再開に伴い、ポンツーンボートの生産が再開されました。観光分野は、政府の規制が厳しい国も多い中で再開されています。Bluetoothスピーカーや追加座席、あるいは膨張式ウォータースライドなどの先進機能がボートに搭載され、顧客の関心を集めています。こうした要因は、今後数年間のポンツーンボート市場の成長を後押しするとされています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]